大原簿記公務員専門学校愛媛校は修学支援新制度の認定校です。
オープンキャンパス
資料請求
オンライン個別相談
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
音声読み上げについて

学科ブログ

SCHOOL BLOG
2020.04.22公務員科

公務員専攻科担任の独り言

おはようございます。小松です。

昨日南海放送のニュースにも取り上げられていましたが、現在我々は授業の動画配信の準備(一部はすでに実施)を行っております。

個人的には本日、日本史の授業を撮りました。

がらんとした教室で一人、できるだけ通常授業のテンションを意識して!

が・・・・

なかなかこれが辛い^^;

普段の授業では、授業中に学生にいくつかクイズを出してみたり、冗談言ってみたりするんですけれども・・・

カメラは返事してくれませんからね~。

学生が私を見てあいづちをうってくれたり、

ちょっとしたジョークにくすりと笑ってくれたり、

分かりづらいことを質問してくれたり、

あったりまえにあったレスポンスがそこにない!!!

自己肯定感ってやつですか?

自分を保つのに必死です^^

我々大原の本校は東京にあるのですが、その大原学園で教員へ必ず伝えられる教えに

「教師たるもの演者たれ!」

というものがあります。今こそですね!

アクター(役者さん)でないとあかん!言うことです。

ボケもツッコミも得意ですが、お笑いの中で唯一苦手なものに「ノリツッコミ」がありまして、

普段は学生の笑いやガヤガヤ感がツッコミの代わりでテンポよく話が進むのですが、

これがない!!

自前でどっちもやらんといかんのも精神を追い詰めます^^

広い部屋で60分間独り言を言っているようなものですので、ついついテンションは下がりますし、普段は教室の一番後ろの子にも届く声量を無意識的に意識するわけですが、これも難しい。

でも、家で映像を見ている教え子が、普段と変わらないくらい画面に没頭する動画を作らんといかんですね。

聞き取りづらいところもあるかもしれませんが、毎日作ります。

その動画に文字で構わないので、何らかのレスポンスがあれば励みになります。

私としてはいつも学生に言っているのですが、

今更ながらに授業ってやつは教師と学生がコンビで作り上げるものやな~~~

と痛感しています。

そっちも、こっちも、一人はつらいやね~。

ま、笑って乗り切ってやりましょや!!!!

【追伸】

コンビニ飯で栄養偏ったのか、鼻に「できもん」ができたので、

1日一本野菜ジュースを飲むことをルーティン化しました^^

みんなもちゃんと飯食って、湯舟に使って、ちゃんと寝て、朝日を浴びるようにしましょう!

密にならんように運動もしてね!